HOME >> 新刊案内


2018年5月刊行分

自閉症とアスペルガー症候群 対応ハンドブック
詳細はこちら
『自閉症とアスペルガー症候群 対応ハンドブック』

2018年5月10日発行
仁平説子 著
四六判 156頁  定価(本体2,800円+税)
ISBN978-4-86163-302-7 C3047
 
自閉症・アスペルガー症候群への対応をアクロニムの形にまとめ、成功例と失敗例を併記しながらその基本姿勢をアドバイスする。
ミュンスター宗教改革ー1525~34年反教権主義的騒擾、宗教改革・再洗礼派運動の全体像ー
詳細はこちら
『ミュンスター宗教改革ー1525~34年反教権主義的騒擾、宗教改革・再洗礼派運動の全体像ー』

2018年5月12日発行
永本哲也 著
A5判 452頁  定価(本体6,000円+税)
ISBN978-4-86163-292-1 C3022
 
一都市の宗教改革運動は、なぜ欧州史に残る特異な事件となったのか?徹底したテクスト読解と時代背景を織り込んだ解釈から、ミュンスターで起きた再洗礼派運動を宗教改革の全体図に位置付ける。
近代日本における私生活と政治 与謝野晶子と平塚らいてうー自己探求の思想
詳細はこちら
『近代日本における私生活と政治 与謝野晶子と平塚らいてうー自己探求の思想』

2018年5月22日発行
小嶋 翔 著
A5判 232頁  定価(本体3,200円+税)
ISBN978-4-86163-287-7 C3031

与謝野晶子と平塚らいてうという、二人の思想家。近代日本に文学・哲学をもって登場し、官学アカデミズムに属することなく、それぞれの問題関心に沿って言論家・社会運動家として活動した。この二人に共通する問題関心が、「私」的な「生活」を生きる個人の自覚だ。両者の「私」は、単に国家とのみ対峙するのではなく、市民社会の内部における価値の闘争を試みようとしたものだった。私生活と政治(私/公)の関係史ではなく、私生活それ自体の政治思想史を題材にした、日本思想史研究に新たな切り口を生む意欲作。

2018年4月刊行分

柳田國男と東北大学
詳細はこちら
『柳田國男と東北大学』

2018年4月27日発行
鈴木岩弓・小林隆 編
A5判 308頁 定価(本体3,000円+税)
ISBN978-4-86163-311-9 C3039
 
「日本民俗学」の生誕地は、仙台だった…。昭和12年、柳田國男は自身初の「日本民俗学」と題した講義を、東北帝国大学法文学部で行なった。この機縁を手がかりに、東北大学の人文学の研究者たちが柳田の思想を再考する。東北大学大学院文学研究科主催のシンポジウム「柳田國男と東北大学」での講演をもとに、哲学・宗教学・歴史学・文学・言語学・教育学・倫理学といった学問領域から逆照射する「柳田の学問」とは? <執筆者:野家啓一、鈴木岩弓、柳原敏昭、鈴木道男、佐倉由泰、小林隆、後藤斉、水原克敏、戸島貴代志 特別寄稿:柳田冨美子>
オイゲン・ヘリゲル小伝  弓道による禅の追求
詳細はこちら
『オイゲン・ヘリゲル小伝  弓道による禅の追求』

2 018年4月18日発行
池沢幹彦 著
四六判 120頁 定価(本体2,200円+税)
ISBN978-4-86163-306-9 C002 3
 
「オイゲン・ヘリゲルは『弓と禅』の著者としてのみ広く知られている。本書ではドイツのハイデルベルクで哲学教師として天野貞祐や三木清などの日本人留学生を指導した様子や日本の禅仏教との出合いの経緯、来日して1920年代の日本哲学会と交流した様子、弓の修行をした時代の日本の弓道界の背景などについて述べてある。さらに、『弓と禅』が、欧米の人々に与えた初期の影響と、それが反響して日本に帰ってきた様子、また、鎌倉円覚寺に奉納してあるヘリゲルの弓は、彼の弓の修業が人並み外れた熱心さで行われたことを象徴するかのように、並外れた強弓であることが述べられている。
 

2018年3月刊行分

グローバル社会における高度教養教育を求めて
詳細はこちら
『グローバル社会における高度教養教育を求めて』

2018年3月27日発行
羽田貴史 編
A5判 386頁  定価(本体3,800円+税)
ISBN978-4-86163-307-2 C3037

現代社会で生成されている教養教育の様々なかたちを収集し、そこから今後の教養教育を構想する意欲的な論考集。

教養と学問
詳細はこちら
『教養と学問』

2018年3月26日発行
東北大学教養教育院叢書「大学と教養」第一巻
A5判 220頁 定価(本体2,500円+税)
ISBN978-4-86163-303-4 C0000
 
東北大学教養教育院に在籍する研究者による論考集。「教養と学問」をテーマに、その歴史的経緯と現代的意義を論じる。
震災からの問い
詳細はこちら
『震災からの問い』

2018年3月26日発行
東北大学教養教育院叢書「大学と教養」第二巻
A5判 224頁 定価(本体2,500円+税)
ISBN978-4-86163-304-1 C0000

「3.11」以後に果たす、教養の”役割”。人間は、社会は、科学は、災害にどう向き合っていくべきなのか。その根底を支える「教養の力」を被災地から発信する。

東北アジアの自然と文化
詳細はこちら
『東北アジアの自然と文化』

2018年3月28日発行
四六判 192頁  定価(本体2,500円+税)
東北アジア学術読本7
ISBN978-4-86163-295-2 C3300

20世紀末から21世紀にかけての東北アジア地域の変化を、東北アジア研究センターの歩みとともに俯瞰する。

個別大学の入試改革
詳細はこちら
『個別大学の入試改革』

2018年3月20日発行
高等教育ライブラリ14
A5判 306頁 定価(本体3200円+税)
ISBN978-4-86163-306-5 C3037

高大接続改革が進む中、個別大学には「大学入学共通テストの活用」と「多面的・総合的評価への転換」が突きつけられている。それらの問題点と解決の糸口を多様な視点から探る。

数理科学教育の現代的展開
詳細はこちら
『数理科学教育の現代的展開』

2018年3月20日発行
高等教育ライブラリ13
A5判 216頁 定価(本体2,100円+税)
ISBN978-4-86163-305-8 C3037

あらゆる学問において活用され、複雑化した現代社会を生きる現代人の教養として不可欠である数理科学の素養を再評価する。