HOME >> 新刊案内


2017年12月刊行分

TOHOKU UNIVERSITY SURVIVAL JAPANESE
詳細はこちら
『TOHOKU UNIVERSITY SURVIVAL JAPANESE』

2017年12月26日刊行
A4判 90頁 定価(2000円+税)
ISBN978-4-86163-301-0 C2000
島崎薫、渡部留美 監修
日本の国菌ーコウジキンが支える社会と文化―
詳細はこちら
『日本の国菌ーコウジキンが支える社会と文化―』

2017年12月25日刊行
四六判 94頁 定価(2000円+税)
ISBN978-4-86163-293-8 C1045
一島英治 著

日本に麹菌あり。我が国の伝統を支える、偉大なる存在

ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」には、日本を代表する微生物・コウジキンの働きが欠かせない。酵素科学の専門家でコウジキン研究の大家である著者が、学術・文化・社会の様々な面から日本人とコウジキンの深い関わりをひもとき、日本の「国菌」とされる由縁を明らかにする。

 

わたしの日本学び
詳細はこちら
『わたしの日本学び』

2017年12月15日刊行
四六判 190頁 定価(2200円+税)
ISBN978-4-86163-294-5 C1020
東北大学大学院文学研究科 講演・出版企画委員会 編

好評の「人文社会科学講演シリーズ」の第9巻。日本および日本文化について、美学・歴史・文学・心理学等の分野からアプローチし、その特徴を再発見する試み。

アリストテレスの時間論
詳細はこちら
『アリストテレスの時間論』

2017年12月26日刊行
A5判 348頁 定価(4000円+税)
ISBN978-4-86163-290-7 C3031
篠澤和久 著

「時間とは何か」

〈論理〉〈自然〉〈倫理〉〈物語〉に見出される時間の諸相をテンス・モダリティ・アスペクトの視点から考察

存在論的な時間地平と人間学的な時間地平が交差する、アリストテレス時間論への序説

元大都形成史の研究 首都北京の原型
詳細はこちら
『元大都形成史の研究 首都北京の原型』

2017年12月17日刊行
A5判 332頁 定価(3800円+税)
ISBN978-4-86163-284-6 C3022
渡辺健哉 著

”中華世界の国都”その基層を掘り起こす

現在の北京と直接に連続する、元朝の国都「大都」。クビライが建設したこの都城の形成史を検証し、実像に迫る。

2017年11月刊行分

日蓮における宗教的自覚と救済-「心み」の宗教
詳細はこちら
『日蓮における宗教的自覚と救済-「心み」の宗教』

2017年11月24日刊行
A5判 536頁 定価(7000円+税)
ISBN978-4-86163-277-8 C3015
間宮啓壬 著
 
日蓮自身の方法に即して、
日蓮自身を捉える。

日蓮の言葉の中にある「仏の御心」とは。伊豆流罪、小松原法難、佐渡流罪、そして身延期へと、多様な変遷を余儀なくされた日蓮の思索は、自身の宗教的自覚を研ぎ、現実超越の「こころみ」へと至る。詳細な読解と解釈から日蓮自身の思想転回をたどり、宗教学および日本思想史のアプローチによりその実像を浮き彫りにする。

キャリア形成支援の方法論と実践
詳細はこちら
『キャリア形成支援の方法論と実践』

2017年11月30日刊行
A5判 342頁 定価(3300円+税)
ISBN978-4-86163-289-1 C3037
菅原良・松下慶太・木村拓也・渡部昌平・神崎秀嗣 編著
 
 
大学におけるキャリア教育は、いま、何を問われているのか。加速度的に変化する社会背景の影響を受け、迅速かつ持続的な対応が急務となっている大学でのキャリア教育。現場を知る20名のスペシャリストたちが、多様な論点・視点からキャリア教育のいまを検証。 
高等学校での指導と大学におけるキャリア教育の「接続」、大学でのキャリア教育と専門教育の「交流」、大学から社会への「移行」の3つをキーワードに、新しい時代に即応できる新たなキャリア教育のかたちを提言する。
漁業科学とレジームシフトー川崎健の研究史ー
詳細はこちら
『漁業科学とレジームシフトー川崎健の研究史ー』

2017年11月30日刊行
A5判 534頁 定価(3500円+税)
ISBN978-4-86163-282-2 C3062
川崎健、片山知史、大海原宏、二平章、渡邊良朗 編著
 

漁況調査からはじまり、漁業科学、漁業政策へと幅を広げた故・川崎健の水産海洋学。半世紀以上にわたるその研究と多大な業績を克明に振り返り、人間と天然資源との関わりを思考しつづけた川崎の理論と理念を再評価する。現役研究者4名の最新研究も盛り込み、漁業科学・資源生物学研究のこれまでとこれからを描き出す。

2017年9月刊行分

日本の省エネルギー技術の中国地域暖房への活用[日中対訳]
詳細はこちら
『日本の省エネルギー技術の中国地域暖房への活用[日中対訳]』

2017年9月19日刊行

A5判 284頁 定価(2500円+税)
ISBN978-4-86163-283-9 C3052
吉野博 監修中国地域暖房省エネルギー研究会 編著

中国の都市住宅の省エネルギーと住宅・都市の環境改善を進めるためには、各住戸のエネルギー消費の実態及び供給システム(黄河以北は地域暖房が普及)の効率、運用実態を把握した上で、その改善策の提案が肝要である。
本書では4年にわたる中国東北地域での計測データに基づき、需要家側、供給側双方の省エネ方策を提案。エネルギー管理システム、高効率熱源システム、計量・課金システム、ESCO事業等、主に日本の技術・経験を活用した省エネ方策を提案することで、中国をはじめ東アジア諸国での事業展開について提示する。
本文および図版もすべて日中対訳形式で表すことで、日中両国の研究者・学生、実務者に訴求する内容となっている。