東北大学出版会|書籍情報|書籍詳細 
HOME >> 書籍情報 >> 詳細

書籍情報


高等学校学習指導要領vs大学入試
在庫状況:在庫あり
数量

『高等学校学習指導要領vs大学入試』
東北大学高等教育開発推進センター編

定価(本体1,700円+税) A5判
ISBN978-4-86163-188-7 C3037
218頁
高等教育ライブラリ4
(2012年3月刊行)

高校教育を実質的に規定している要因とは何か。大学の入学基準はどのように担保されているのか。そして、学習指導要領,大学入試センター試験,個別試験の相互関係とは。大学全入時代と言われる現在,大学入試が激戦だった頃の常識はもはや通じない。学力試験は、教育を支える「要」なのか,それとも単なる「形式」に過ぎないのか。大学入試制度は慎重に改善すべきなのか,あるいは一気に変えるべきなのか。そして、大学と高校の“役割分担”は・・・。立場の異なる執筆者たちによる主張の交差から、日本の教育の近未来像を描く果敢な試み。

《目 次》

はじめに   木島 明博
     
序章 本書の構成 倉元 直樹
     
第Ⅰ部 高校教育と大学入試制度  
 第1章  学習指導要領vs大学入試 ―その葛藤の軌跡といま― 荒井 克弘
 第2章  高校現場における新学習指導要領の理念への  
               取り組みと大学入試制度への思い 堅田 豪利
 第3章  大学入試制度の変更に伴うスケジュール問題の構造 倉元 直樹
 第4章  センター試験理科の科目設定を巡る高校の  
                         準備状況について 渡邊 重夫
     
第Ⅱ部 日本における高大接続問題の過去と未来  
 第1章  高大接続史の試み ―戦前におけるその弾力性― 大谷  奨
 第2章  共通第1次学力試験の導入の経緯  
     ―「日本型大学入学者選抜の三原則」の帰結として― 木村 拓也
 第3章  高校で身についた能力と大学で必要な能力を探る  
     ―高校成績を基にした大学入学制度へ― 山村  滋
 第4章  大学入試のパラダイム転換を目指して 川嶋太津夫
     
第Ⅲ部 新時代の大学入試をめぐって  
 討議    
     
おわりに   倉元 直樹
    関内  隆